オンワード新人デザイナーファッション大賞の軌跡

オンワード新人デザイナーファッション大賞の軌跡

オンワード樫山は、次代を担う若手クリエイターに活動成果発表の場を提供し、日本のクリエーション力向上を支援するため、1984年から「オンワード新人デザイナーファッション大賞」を20回にわたって開催しました。2004年、国の支援により日本の繊維ファッション産業の競争力強化と発展を図る「JFF事業」の一環として、「新人デザイナー大賞」に引き継がれ、2006年からは「JFW in Tokyo事業」(東京発 日本ファッション・ウィーク)として、さらに2008年からは東京都との共催により、新人デザイナーの育成・ビジネス支援強化を推進してきました。そして、2011年、「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」と名称も新たに、繊維ファッション産学協議会ファッション・ビジネス人材育成実行委員会が主催し、産・官・学の3者共同で若手デザイナーの発掘・育成に取り組むこととなりました。当社は企画運営という形で協力を続けています。

2014 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞へ

歴代のグランプリ受賞者と作品