環境活動報告

環境活動報告

環境配慮型製品の開発

衣料品循環システムの構築を目指して
他の生活用品と比べて、リサイクルが遅れている繊維製品。オンワード樫山では、「衣料」の循環を促すことを通じて、限りある資源を有効に活用し、かけがえのない地球環境を未来に引き継いでいく活動として「オンワード・グリーン・キャンペーン」を2009年よりスタートしました。オンワード樫山が販売した紳士、婦人、子供、ゴルフなど幅広い種類の衣料を百貨店の店頭でお引き取りし、可能な限りリサイクル・リユースに努めています。また、お引き取りした衣料の一部からリサイクル糸を作り、この糸から毛布や軍手等の再繊維製品を生産し、環境・社会貢献活動に活用しています。
詳しくはこちら

15年度「繊研賞」受賞決定

2016年6月に、この取り組みが評価され、業界専門紙の繊研新聞社がファッションとライフスタイル関連ビジネスの発展に寄与した企業・団体・個人に贈る「繊研賞」を受賞しました。

物流における環境配慮

百貨店統一ハンガー・オリコンシステムの採用
オンワード樫山では、縫製工場から百貨店納品まで一貫して「百貨店統一ハンガー」を使用し、回収・洗浄を経てリユースする循環システムを1997年より本格展開。また、納品時には段ボール箱に代えて、繰り返し使える折り畳みコンテナを導入する取り組みを2001年より本格展開しています。
ペットハンガーリサイクル
クリエイティブヨーコでは、2009年7月から、廃棄もしくは、ペットの衣料をご購入のお客様に差し上げていたハンガーのリユースを開始しました。店頭でPOPを設置し、お客様のご協力のもと、再利用させていただいています。