ニュースリリース 2012.9.03 株式会社オンワード樫山
「組曲」新イメージキャラクターに“石原さとみ”を起用!10年振りとなるCMを中心としたクロスメディア戦略を今秋冬からスタート

 株式会社オンワード樫山(本社:東京都中央区 代表取締役社長執行役員:馬場昭典)は、レディス主力ブランド「組曲」のイメージキャラクターに女優の石原さとみ(いしはら さとみ)さんを起用し、同ブランドの10年振りとなるCMを中心としたクロスメディア戦略を9月10日(月)からスタートする予定です。

 「組曲」は、“進化する定番”をコンセプトに、単品コーディネートが自由に楽しめるカジュアルブランドとして1992年秋にデビュー。いつの時代も変わらず愛される飽きのこない質の良さや心地良さを追求し、程よく時代性を取り入れた商品提案で、デビュー以来、レディス主力ブランドとして若い女性を中心に高い支持を得てきました。
 昨年ブランドが20周年を迎え、この度ブランド拡大戦略の一環として、商品の刷新を図るとともに、イメージキャラクターにファッション広告初出演となる人気若手女優の石原さとみさんを起用。彼女を通したTVCMをはじめ、ファッション雑誌、屋外広告、WEBなどターゲット女性を囲む様々なメディアに向けたクロスメディア戦略を展開することで話題性の喚起とさらなる売上拡大を目指していきます。

 石原さとみさんは、2002年「ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、2003年に女優として本格デビュー。以来数多くのテレビドラマや映画などに出演し、演技派女優としての地位を確立しています。近年では活躍の場を舞台まで広げ、今後さらに活躍が期待される人気若手女優です。

 キャラクターの起用については、女優としての幅広い活躍で、今最も輝いている女性の一人として20代の女性から人気が高まっていることや、彼女の持つ親しみやすいガーリーな雰囲気がブランドのイメージに相応しいと考え決定しました。「組曲」としては7代目のイメージキャラクターとなります。

 アートディレクターには、現在、広告ミュージシャンのアートワーク、映画や舞台美術まで多岐にわたり活躍中の森本千絵(もりもと ちえ)さんを起用。原点回帰をテーマに「組曲」本来の持つブランドの世界観を美しい映像で発信していきます。

 
 
【組曲ブランドコンセプト】
「進化する定番」
いつの時代も変わらず愛される飽きのこない質の良さ、心地良さを追求し、
程よく時代性を取り入れた上品なカジュアルスタイリングを提案。
【主要アイテム別価格帯】(本体価格)
アイテム 価格帯
コート ¥29,000 - ¥38,000
ジャケット ¥19,000 - ¥28,000
ドレス ¥17,000 - ¥28,000
スカート ¥13,000 - ¥17,000
パンツ ¥9,500 - ¥16,000
ブラウス ¥9,500 - ¥15,000
カットソー ¥5,900 - ¥13,000
ニット ¥9,500 - ¥18,000
バッグ他 ¥3,300 - ¥33,000
【主要アイテム別構成比】
アイテム シェア
トップス コート 17% 93%
ジャケット 5%
ボトムス ドレス 8%
スカート 6%
パンツ 12%
インナー ブラウス 4%
カットソー 7%
ニット 34%
グッズ バッグ他 7% 7%
【2012年秋冬広告メインビジュアル】

『組曲』の新CMおよびWeb・店頭配信 映像資料

20年の歴史を経た今、『組曲』は、新イメージキャラクターに女優の石原さとみさんを起用し、21年目の第一歩として、今シーズンの世界観を凝縮した新しいTVCMをお披露目いたします。
○パターン4種: 30秒、15秒A、15秒B、80秒(店頭・Web配信用)

【Creative Concept】
秋冬にむけて刻む心地を奏でる組曲。
自然からの知らせを
心身と接する心地がつないでくれる。
そのつながりは、喜びとなる。
喜びを、 ひそめる こころとからだ。
それは おんなの強さとなる。
アンコントロールと
コントロールのあいだに奏でられる
わたしの、組曲 。

※撮影日: 2012年7月4日〜5日、2012年8月9日

組曲新CM関連はコチラ 映像
動画は9/10(月)から配信予定

<店頭・雑誌・交通広告>

【出演】 石原さとみ

■プロフィール:
第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン・ピュアガール2002においてグランプリを受賞、以来本格的に女優活動を開始。
生年月日 : 1986年12月24日(24歳)
出身地  : 東京都出身
血液型  : A型

■主な出演作品:
フジテレビ連続ドラマ『リッチマン、プアウーマン』ヒロイン・夏井真琴役
2012年7月クール
映画『BUNGO〜ささやかな欲望・注文の多い料理店〜』
2012年9月29日 全国ロードショー
映画『カラスの親指』やひろ役
2012年11月23日 全国ロードショー
【演出・監督】 森本千絵

■プロフィール:
アートディレクター・コミュニケーションディレクター。
広告・ミュージシャンのアートワーク、映画や舞台美術、保育園や動物園のトータルディレクションなど多岐に渡って活躍。
近年は、東日本大震災の精力的な活動に対して、2011年日経ウーマンオブザイヤーの準大賞を受賞。また、“子供から大人まで分かりやすく楽しく、心の奥まで届く独自の世界観とジャンルを問わない作品の可能性“を評価され第四回伊丹十三賞を女性としてはじめて、最年少で受賞。
▲ページTOPへ