5分でわかるオンワード


存在意義

ヒトと地球ホシに潤いと彩りを


オンワードの歩み

1927

1940年代

創業

オンワードは、1927年に創業者である樫山 純三が大阪に設立した「樫山商店」から始まりました。

1950年代

1960年代

紳士服メーカーとして成長

第二次世界大戦後の1950年代に、紳士既製服の生産・販売を開始。米国の既製服産業を参考に、流れ作業式の生産体制やホフマンプレス機の導入を進め、既製服の生産性と品質を大幅に向上させました。
1960年代には、高度経済成長期を背景に急成長を遂げて、日本を代表する紳士服メーカーとしての地位を固めました。

1970年代

1980年代

海外進出を推進

1970年代に日本のアパレルメーカーの中でもいち早く、世界3大ファッション都市であるニューヨーク・パリ・ミラノに現地法人を設立し、80年代には、各拠点で海外事業の基盤を確立しました。短い期間に海外拠点を相次いで設立することにより、世界のファッションビジネスの最先端の情報を収集し、グローバルビジネスの基礎を築くことに成功しました。

1990年代

基幹ブランドの確立

1990年代には、婦人服事業を本格的に拡大。1992年にデビューした『組曲』を筆頭に『23区』『ICB(アイ・シー・ビー)』の基幹ブランドやメンズ基幹ブランド『五大陸』を立ち上げました。
百貨店は婦人服売場を拡大し、日本メーカーの新ブランドを率先して展開しました。このような流れに乗り、オンワード樫山の新ブランドは立ち上がり当初から順調に店舗数を拡大し、その後につながる大きな成長を遂げました。

2000年代

グローバルアパレルグループへ

2001年以降は、百貨店を中心に国内事業を拡大するとともに、中国市場への本格参入やイタリアでの生産プラットフォームの構築、欧州の有力ブランド『JOSEPH(ジョゼフ)』のM&Aによる取得など、グローバル戦略を加速させました。
2007年にはホールディングス体制に移行。国内においても、ペットファッションのパイオニアであるクリエイティブヨーコや高感度な女性から支持の高い『GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)』を展開するアイランドなど、ユニークな強みを持った企業のM&Aを進め、多様な領域でファッションビジネスを展開するグローバルアパレルグループとしての新たなスタートを切りました。

2010年代

持続可能な成長に向けて

オンワードグループは、2009年12月、直営Eコマースサイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)」を開設し、Eコマース事業に本格参入。2014年にはブランド共通ポイントカード「オンワードメンバーズ」の運用をスタートしました。これらの取り組みにより、顧客基盤の強化を図りながら、店頭とEコマースの強みを融合する、オムニチャネル戦略が加速しました。2017年には、独自のファクトリーイノベーションにより低価格・短納期を実現したオーダーメイドスーツの新事業、『KASHIYAMA(カシヤマ)』ブランドの展開を開始しました。

2020年代

お客さま中心の経営への進化

2021年4月、2030年度に向けた中長期経営ビジョン『ONWARD VISION 2030』を策定しました。オンワードグループは、「ヒトと地球ホシに潤いと彩りを」という存在意義のもとビジョンを着実に実行し、社員の多様な個性を生かしたお客さま中心の経営への進化を目指していきます。


事業紹介

オンワードグループは、コア事業であるアパレル事業において、リアル店舗の運営に加えて、グループECサイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)」を通じた積極的なEC戦略を推進するとともに、2021年からは、リアル店舗とオンラインストアで提供しているサービスを融合したOMO型店舗の展開を強化しています。
また、ウェルネス、ビューティ・コスメ、ペット・ホームライフ、グルメ、ギフトの5つの事業を中心に、ライフスタイル事業を拡大し、アパレル事業と並ぶグループ経営の両輪に成長させていきます。

APPAREL

LIFESTYLE


数字で見るオンワード

  • 売上高

    1,743 億円

  • セグメント別 売上構成比

    アパレル 80%  :  ライフスタイル 20%

  • 国内・海外 売上構成比

    国内 80.2%  :  海外 19.8%

  • 国内販売チャネル別 売上構成比

    百貨店 29.1% SCその他 38.0% Eコマース 32.9%

    • ※Eコマースを運営している事業会社の合計
    • ※SC:ショッピングセンター
  • グループ会社数

    75

    • ※当社含む
  • グループ従業員数

    7,498

※2021年2月期


グループネットワーク

国内

    • 株式会社オンワードホールディングス
    • 株式会社オンワード樫山
    • オンワード商事株式会社
    • 株式会社アイランド
    • 株式会社オンワードパーソナルスタイル
    • ティアクラッセ株式会社
    • インティメイツ株式会社
    • マルベリージャパン株式会社
    • 株式会社オンワードデジタルラボ
    • 株式会社KASHIYAMA SAGA
    • チャコット株式会社
    • 株式会社クリエイティブヨーコ
    • 株式会社KOKOBUY
    • 株式会社大和
    • 株式会社オンワードクリエイティブセンター
    • 株式会社ビエン
    • 株式会社オンワードリゾート&ゴルフ
    • 株式会社オーアンドケー

ヨーロッパ

    • イギリス
    • ジョゼフLTD.
    • フリードオブロンドンLTD.

アジア

    • 中国
    • 恩瓦徳時尚貿易(中国)有限公司
    • 上海恩瓦徳時装有限公司
    • 恩瓦徳貿易(上海)有限公司
    • 樫山(大連)有限公司
    • オンワードカシヤマホンコンLTD.
    • ベトナム
    • オンワードカシヤマベトナムLTD.

アメリカ

    • J.プレスINC.
    • オンワードU.S.A. L.L.C.
    • オンワードゴルフリゾートグァムINC.
    • オンワードマンギラオグァムINC.

サステナブル経営の推進

オンワードグループは、サステナブル経営の推進を企業活動の根幹をなす重要なテーマとして、
「ヒトと地球ホシに潤いと彩りを」というミッションステートメントに基づき、地球と共生する経営を推進してまいります。


中長期経営戦略

2030年度(2031年2月期)売上高3,000億円、営業利益250億円を達成するために
5つの戦略を実行していきます

  • 1 アパレルセグメントの
    ビジネスモデル改革
  • 2 ライフスタイルセグメントの
    成長の加速
  • 3 法人ビジネスの強化
  • 4 多様で個性的な人財が
    活躍できる企業への進化
  • 5 地球と共生する
    サステナブル経営の推進