コミュニティとの共生

オンワードグループは、地域社会との共創や、社会貢献活動、文化・芸術・教育への取り組みを通じて、さまざまなコミュニティと共に成長し、共生していける企業を目指しています。


地域社会との共創

生産者による直販新規事業『CRAHUG(クラハグ)』をスタート

オンワードグループのデジタル戦略を担うオンワードデジタルラボは、日本のモノづくり支援を目的に、全国のファクトリーブランドに加え、生産者や工場のオリジナル商品を開発し直販する新規事業『CRAHUG(クラハグ)』を開始しました。第一弾として、12の生産者が展開する13ブランド・計183商品を、2021年8月31日よりグループ公式ファッション通販サイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)」にて販売をスタートしました。

『CRAHUG』は、CRAFTMAN(職人)、LIFE(暮らし)とHUG(ふれあう)を組み合わせた名称です。自販・自立することで、持続可能なビジネスモデルを構築したい全国の生産者や工場を対象に、2つの協業プランを提供し販売支援を行います。消費者に向けてオリジナル商品を直販することにより、工場の経営基盤の安定化を目指すとともに、将来的には海外への越境販売も計画しており、日本のモノづくりにおける高い技術力や商品の魅力を発信していきます。

クリエイティブヨーコの地域に密着したサステナブルな活動

オンワードグループで、なごみ雑貨・ドッグファッションの企画販売などを行うクリエイティブヨーコ(本社:長野県)の地域に密着したサステナブルな活動をご紹介します。

なごみ商品を通じて"ロハス"な生活を目指したい

私たちは「ロハス企業を目指す」という理念があります。
"ロハス"とは健康と環境、持続可能(サステナブル)な社会生活を心掛ける ライフスタイルのことを意味します。
商品、サービスを通じて、なごみ・いやし・はげまし・ふれあいを提案し、 お客様にほっと安らげる心の健康と楽しさを感じていただきたい。
そして、その商品は宝物のように大切な存在であり続けてほしい・・・
そんな願いが理念に込められています。
この理念のもと、社会のため、環境のため、お客さまのため、 働く私たち自身のためSDGsを追求していきます。


社会貢献活動

日本赤十字社の協力のもとリサイクル毛布を寄贈

「オンワード・グリーン・キャンペーン」では、お引き取りした衣料品の一部から作られたリサイクル糸を使用して毛布や軍手を生産し、環境・社会貢献活動に活用しています。 2011年からは、日本赤十字社の協力のもと、世界192の国と地域に広がる赤十字のネットワークを活用して海外の被災地や開発途上国への支援のために毛布を寄贈しています。また、軍手は災害支援、森林保全、啓蒙活動などさまざまな場面で配布・活用しています。

東日本大震災被災地復興支援「KIBOU311」桜プロジェクトに参加

オンワード樫山は、東日本大震災被災地復興支援「KIBOU311」桜プロジェクトに参加しています。

「KIBOU311」は、フランスの高級服地メーカーであるドーメル社が世界規模でスタートした東日本大震災被災地復興支援活動で、一般社団法人LOOM NIPPONが集まった寄付金をもとに、宮城県・南三陸町に桜の苗木を植える"桜プロジェクト"を推進しています。同プロジェクトは、津波により多くの木々が流されてしまった南三陸町に多くの桜を植樹することにより、子供たちとその将来に希望をもたらしたいとの思いで取り組んでいる支援活動です。

オンワード樫山は、「KIBOU311」のサポーターとして2012年より桜の植樹に参加し、2014年からは毎年55本の桜苗木の寄付を行っています。

東京都都市緑化基金「平成27年度街かど緑化支援事業」助成認定取得

オンワードホールディングスは、2016年1月に竣工したオンワードベイパークビルディングの新築工事における「平成27年度街かど緑化支援事業」の助成認定を受けました。全長124mにわたり接道緑化を整備し、西側道路沿いには大島桜、南側道路沿いには百日紅を植え、歩行者に花を楽しんでいただけるように設置しました。

その他の社会貢献活動

企業名

支援内容

支援先

オンワードホールディングス

布製マスク:5,000枚
リサイクル軍手:5,000双
2020年7月

令和2年7月豪雨災害被災地
(日本赤十字社)

オンワードホールディングス

布製マスク:1,000枚
2020年5月

佐賀県武雄市
(新型コロナウイルス感染症防止のため)

オンワードホールディングス

令和元年8月豪雨災害義援金:
200万円
2019年9月

佐賀県武雄市

オンワードホールディングス
藤崎

東日本大地震みやぎこども育英基金:
100万円
2019年8月

宮城県

オンワードホールディングス
藤崎

東日本大地震みやぎこども育英基金:
100万円
2018年8月

宮城県

オンワードホールディングス
鶴屋百貨店

平成28年熊本地震義援金:
100万円
2018年2月

熊本県

オンワードホールディングス
鶴屋百貨店

衣料品:約3,000点
2017年9月

熊本地震被災地

オンワードホールディングス
鶴屋百貨店

熊本城災害復旧支援金:
1,000万円
2016年12月

熊本県熊本市

オンワードホールディングス
鶴屋百貨店

衣料品:約10,000点
2016年12月

熊本地震被災地

オンワードホールディングス
鶴屋百貨店

衣料品:約5,000点
2016年9・10月

熊本地震被災地

オンワードホールディングス

軍手6,300双
食料品等緊急支援物資
2016年4月

熊本地震被災地

オンワードホールディングス

義援金:10,000万円
2011年3月

東日本大震災(日本赤十字社)

オンワードホールディングス

毛布、軍手、防寒衣料等:
支援物資10万点
2011年3月

東日本大震災の被災地

オンワードホールディングス

平城遷都1300年祭
ポロシャツチャリティー
販売収益金の寄付:
1,096,781円
2011年2月

国連難民高等弁務官事務所
(UNHCR)

クリエイティブヨーコ

うさももドール商品:75セット
2010年3月

ハイチにおける大地震

クリエイティブヨーコ

子供用パジャマ:
3,800枚
2009年8月

長野県・北海道の児童福祉施設

クリエイティブヨーコ

ペット用レインコート:
2,000枚
2009年7月

茨城県・長野県等の動物愛護施設

オンワードホールディングス
恩瓦徳時尚貿易(中国)有限公司
上海恩瓦徳時装有限公司
および従業員

義援金:1,100万円
2008年5月

中国・四川省における大地震
(日本赤十字社、上海市紅十字会)


文化・芸術・教育への取り組み

産学連携でアパレルDX人材を育成

国際ファッション専門職大学 学部長 教授 永澤 陽一氏(左)、当社代表取締役社長 保元 道宣(右)

オンワードホールディングスは、2021年4月より国際ファッション専門職大学(東京・大阪・名古屋キャンパス、学長:近藤 誠一)と、産学連携で今後のデジタル社会に対応するプロフェッショナル人材を育成し、産業界へ送り出すことを目的とした『ONWARDみらい人財プロジェクト』を開始しました。

同プロジェクトは、国際ファッション専門職大学の単位認定授業として開講された、学生がチームで取り組み企画提案を行う課題解決型授業「オンワードベンチャーアワード」と、大学側主導で企業におけるプログラムを作成し、運営を行うインターンシップ「オンワードビジネスインターンシップ」の2つのプログラムから構成されています。

デジタルな思考を持ち、グローバルに活躍できるアパレル人材としての成長機会を提供していきます。

"産官学連携"の高校生版ビジネススクール「東京プランニング・ラボ」に参画

オンワードホールディングスは、2021年7月より東京都教育委員会・東京都商業高等学校長会と産官学連携で、都立商業高校生に実践的なビジネスの学びの場を提供することを目的とした「東京プランニング・ラボ」に参画しました。

東京都教育委員会と東京都商業高等学校長会が2018年より運営する「東京プランニング・ラボ」は、都立商業高校生がビジネスについて実践的に考え学ぶ機会を拡充するとともに、進路ビジョンの形成に繋げようとする試みで、企業や地域社会と共同学習の場を設け、課外活動やグループワークを通して参加生徒が主体的にビジネスを学んでいます。

2021年度は、参加校6校の生徒29名が7月から5か月間、当社による講義のほかグループ討議などを通して、最終的には高校生ならではの目線で「オリジナルのアパレルブランド」を企画しました。

オフィシャル・パートナーとして歌舞伎座のさまざまな取り組みに協力

オンワードホールディングスは、文化支援活動の一環として、日本を代表する伝統芸能である歌舞伎の殿堂、歌舞伎座のオフィシャル・パートナーに、2013年4月から就きました。東京・銀座にある第五期・歌舞伎座の立て替えが完了し、4月から3年振りの公演がスタートしました。オフィシャル・パートナーは、国の重要無形文化財に指定され、ユネスコにも世界無形文化遺産として登録されている歌舞伎を、後世に伝承すべく、ファンの裾野を広げる歌舞伎座でのさまざまな取り組みに協力していきます。

新国立劇場 特別支援企業グループに参加

オンワードホールディングスは、新国立劇場の特別支援グループに2015年8月から就いています。新国立劇場は、オペラ、バレエ、コンテンポラリーダンス、演劇という現代舞台芸術のためのわが国唯一の国立劇場として、常に高い水準の公演を自ら企画、制作し続けており、作品はいずれも国内外から高く評価されています。同劇場で上演されるすべての公演に協賛することで、芸術・文化の発展に寄与しています。

重要課題2 パートナー企業と共に